社長の部屋PRESIDENT ROOM

講義・講演録 - 一般向け

熊本の中小製造業の特徴

2002.02.22

例外が多いのも敢えて知りながら以下のような特徴があるのでは、と思い羅列します。責任はもてませんのでご判断は宜しくお願いします。

1.工業の歴史が浅い風土であり、同一業で50年以上の歴史を持つような製造業は極めて少ない。しかし、他の業種からの転業で事業所歴史は長い企業は多い。
2.特定地域に集中していなく広く散在している。そのためか企業間の連帯が薄い。
3.設備投資型、装置産業型の加工業は多いが熟練工が少なく、各社に際立った特長がない。存在基盤が特殊技能によるものが少ない。
4.企業一社の対応窓口が広い(2.の理由もあって)。たとえば製罐加工から機械加工、組立、現地加工までを行なえる。
5.特定の企業に長い年月育てられたような企業群がすくない。取引先を多数持っている企業が多い。
6.量産下請け型の企業が少ない。多品種小ロットの生産下請けが多い。
7.T.Q.C.の何れにも際立った強みを持つ企業は少ない。(全て合格と見るか、全て不合格とみるか)。
8.臨機応変の対応力は高いが一事を深く掘り下げていく気質が弱い。独自技術を持つ企業が少ない。
9.一社で完結型のビジネスであるため、経営者相互の面識はあっても、相互に協力したり情報交換する関係は少ない。

以上のような理由から、企業一社での総合能力は高いものがあるかもしれないが、特定の専門分野で際立った能力をアピールできる企業が少ないといえる。反面、新しい取引や新事業展開は積極的である。常に変化するから管理体制の完成度が低い。じっくりと物造り体制を完成させるより、ビジネスの安定がどうしても先に立っている。新しいビジネスや、事業転換などに取り組む気概は大きい。

*勝手な意見で申し訳ありません。狭い経験の中で古い工業地域などと比べると以上のような感想を個人的には持っております。勿論、我社とわが身に当てはまるのが多いのも感じています。

2000年2月20日

お問い合わせContact

課題解決のご相談・お問い合わせお困りごとはプレシードにご相談下さい。
相談はお電話・ホームページで承っています。

TEL:
096-235-7727
FAX:
096-235-7725

Page top