社長の部屋PRESIDENT ROOM

03.随想編

貰ったもの 作ったもの 造ったもの 創ったもの

2021.10.12

 私たちの周りには様々な仕組みや物が溢れている。山や海のような自然界に元から存在するものでない限り、殆どのモノと仕組はいつか誰かがツクッタものだ。そして多くのモノの殆どは自分が創ったものではなく前からあったものではないだろうか。お金など代償は払ったかもしれないが。

 

 会社や日常社会で日頃は何も考えないで生活しているが、私たちは先人の恩恵で日々の生活が成り立っている。目の前に食べ物があるのも誰かがここに届く仕組みを創ったからだし、料理を作ったものだし、工場設備で造ったものだ。いま周りを見回してみよう。貴方が居なかったら存在しなかったものがどのくらいあるだろう。お金を出して買ったからあるモノ、貰ったからあるモノ、作ったからあるもの等々色々あるかもしれない。そこで貴方が創ったモノが幾つ目につくだろうか。発明、仕組みやルール、便利道具など治具類もそこに入るかもしれない。もし貴方が居なかったら存在しなかった物が貴方が創ったモノなのだ。

 会社という集団に年間2000時間所属しているのに、貴方のアイデアや知恵で生まれたモノがあればまさに社是で謳う“社会に新たな価値を創造する”なのだ。パテントになるほどのものでなくてもいい、物ではなくてシクミでもいい。貴方が居なかったら存在しなかったモノ・シクミが世の中にあれば産みの親だし今後発展していくかもしれない。突然変異の生物のように進化が始まるかもしれない。

 

 そのようなモノを次々と生み出していく人生は他の人の領域を侵したり壊して奪うものではなく正に価値創造なのだ。私は子供の頃からそういう事に妙に憧れて来た。人と闘って勝ち取るのではなく、競争して第三者の評価で勝つのが私の求めたビジネスなのだが、いま自分のオリジナルをどの位自信もって喋れるだろうか…。

 

 他の人が考え付かなかったこと、モノに拘る仕事をしたいものだ。お客様から言われる目的をお客様が考えていた方法を上回った方法で感動を創造してこそエンジニアだと思って生きて来た。最近は前線にいないとその機会も少なくなってしまった。もう一度開発最前線で若いエンジニアやお客様と構想を闘わし、議論もしたいものだ。技術の世界には齢も地位もない、良い方がいいという単純なルールがあるだけだ。この絶対ルールを守り愛したい。公明正大なルールは真っ正直に生きていれば救われ幸せになれるというルールでもある。

 

2020.8.17記す

お問い合わせContact

課題解決のご相談・お問い合わせお困りごとはプレシードにご相談下さい。
相談はお電話・ホームページで承っています。

TEL:
096-235-7727
FAX:
096-235-7725

Page top