社長の部屋PRESIDENT ROOM

03.随想編

生涯現役への道

2021.10.18

 会社を創業した頃は50歳までには社長を降りて会長や顧問として、考古学や世界の山野を旅するアウトドア活動などで二股人生出来ないものかと思っていた。そしてまさか70歳近くまで仕事する人生なども考えていなかった。想定外の事が現実となってしまった。そう簡単に現役を離れられそうにない状況である。

 そうであれば定年のない職業特性を生かして楽しむことへ舵を切ってみることにしようと思うようになった。リタイアした後を楽しみに生きるより、定年のない身分をプラス思考で考えて生涯現役(社長という意味ではない)で活動するための準備を進めることにした。その為には、自分が担いでいる荷物を少し軽くしなければ山には登れない。ポーターを増やして近代的な技術を使えばエベレストでさえ登れる時代なのだ。人を育て長くいきる人生を楽しんでみよう。逃げれば追いかけられてしまうのが責任であれば、これを楽しんでみることにしたい。

 先ずは日常実務が滞りなく運営できる組織を作らねばならない。特定の人物を頼るより組織の機能を頼れるようにしなければならない。

 

2020.8.17記す

お問い合わせContact

課題解決のご相談・お問い合わせお困りごとはプレシードにご相談下さい。
相談はお電話・ホームページで承っています。

TEL:
096-235-7727
FAX:
096-235-7725

Page top